2018-12-12

YouTube Premium(ユーチューブプレミアム)を使ってみた感想

つい先日、日本で突然リリースされたYouTubeプレミアムですが、3ヶ月間無料ということで早速使い始めています。

ユーチューブプレミアムにしてから、どっぷりユーチューブに浸かって廃人のような状況になっているのですが、ユーチューブプレミアムの率直な感想を書きます。

これからYouTubeプレミアムに課金しようかどうかや悩んでいる人、無料体験をしているけど、無料体験期間が切れたら継続するかどうか悩んでいる人などに少しでも役に立つ記事になればうれしいです。

まず、YouTubeプレミアムの機能を簡単に説明します。YouTubeプレミアムに登録すると以下のサービスを利用できるようになります。

  1. YouTubeの動画が広告なしで見られる。
  2. YouTubeの動画をあらかじめダウンロードしてオフライン状態でも再生できる
  3. 画面をスリープ状態にしたり、別のアプリを立ち上げてもバックグラウンドで再生できる。
  4. YouTubeミュージックを利用できる。
  5. YouTube Originalsを利用できる。

これらのサービスが、Webからの申し込みなら1,180円/月。Androidアプリから登録なら1,180円/月。iPhoneやiPadなどのiOSアプリから登録なら1,550円です。

これを見たらわかると思いますが、iPhoneやiPadを使っている人は、Webから申し込む方が断然得だというのがわかりますよね。

というのも、iPhoneやiPadから課金するとAppleに手数料を徴収されるため割高の設定になっているのです。

iPhone、iPadユーザーはくれぐれもアプリ内から登録せずに、PCやSafariを開いてWebから申し込むようにしましょう。

さて、実際にYouTubeプレミアムの感想を使ってみての感想ですが結論から言うと最高です。

間違いなく無料期間が切れたとしても継続すると思います。

まず、広告が出ずにバックグランドで再生できるという、この組み合わせが最高です。

私、先週くらいに風邪をこじらせてしばらく寝込んでいたのですが、その時に、「後で見る」とか「再生リスト」を作っておいた動画たちをひたすら垂れ流しで音声だけ楽しむことができました。

寝込んでいたので、映像を見るのはしんどかったのですが、音声だけならなんとか聞くことができたので、ひたすら広告なしで自分のお気に入りの動画の音声を聞き続けることができたのは最高でした。

日常生活の中では、仕事や学校なんかがあるだろうから、それだけずーっと動画を流し続けるという時間はあまり無いかもしれませんが、少し時間が空いて暇な時にまとめて一気に見ることができるので本当に便利な機能です。

再生した後、画面をスリープにしておけば、それほどバッテリーむ食わないし、かなりの長時間充電無しで再生し続けることができます。また、音声を流しながら別のアプリを立ち上げて、そっちで調べ物をしたり作業しながらバックミュージックのような感じでYouTubeを聞き流せるのもいいです。

ジムでトレッドミル(ランニングマシン)を使って走っている時も、今までは音楽を聞いてることが多かったのですが、最近はYouTubeで後で見ようと思って再生リストに入れておいた動画を聞き流すことが多いです。

これはスリープ状態でも音声だけ流れるバックグラウンド再生機能が付いているからできることなんですよね。

オフライン再生機能は、私はそれほど使わないのですが、データ容量が少なめのプランを契約している人にとっては便利な機能だと思います。

特に格安スマホなんかでデータ容量を少なめにして通信費を抑えている人にとってはめちゃくちゃ便利な機能だと思います。

家などWiFiがある場所で、お気に入りの動画をダウンロードしておけば、後で、パケットを使わずにいつでもどこでも動画を見ることができます。

それからYouTubeプレミアムで最も強烈なサービスがYouTubeミュージックです。簡単に言うとグーグルプレイミュージックのような機能です。ほぼ同じ機能が付いてくるということです。

グーグルプレイミュージックだけでも月額980円するので、それがもれなくついてくるというだけでもYouTubeプレミアムに加入する価値があると思います。

今まで、グーグルプレイミュージックを利用している人は、あと200円追加するだけでYouTubeプレミアムの他の全ての機能も使えるようになるわけです。

ちなみに、YouTubeミュージックは将来的にはグーグルプレイミュージックと統合されるという予定もあるそうです。

YouTubeミュージックは、Google Homeとも連携できます。Google Homeに「〜の〜という曲をかけて」というと再生してくれます。

Google Homeを持っている人は特にYouTubeミュージックの恩恵を受けることができます。

Google Homeをもっていなくても、YouTubeミュージックで世界中のほとんどの音楽をいつでもどこでも聞けるので音楽好きの人には最高のサービスだと思います。

最後のYouTube Originalsは、個人的にはほとんど使ったことがありません。有名アーティストのオリジナル番組なんかが見られるようですが、正直今の所はまだそれほど充実していません。今後に期待というところです。

要するにYouTubeプレミアムは、今までのGoogle Play Musicに200円追加するだけで、Google Play Musicはそのまま使えて、さらにYouTubeの広告無し、バックグラウンド再生、オフライン再生などのサービスが利用できるのとほとんど同じだという事です。

そう考えるとめちゃくちゃ安くないですか?

多くの人が勘違いしているのは、YouTubeミュージックが付いてないと思っているんだと思います。

YouTubeの動画に広告が付かなくて、バックグラウンド再生ができて、オフライン再生ができるだけで1,180円だと思っている人がけっこう多いんですよね。

確かに、それだけだとちょっと高いですよね。でも、YouTubeミュージックが付いてくるということで、一気に割安感が出てきて、むしろ格安サービスという感じになります。

YouTubeに動画が出ないというのだけでも、本当に快適ですよ。もう、広告が出るというのは、許せないかもしれません。

YouTubeミュージックも最高のサービスですし、月に1,180円は安すぎると思います。

ぜひ、みなさんも迷っているなら無料体験をしてみてください。

他の音楽ストリーミングサービスと比べても圧倒的なお得感があります。グーグルは他社の音楽ストリーミングサービスと強烈な差別化ができたと思います。

特に私のように体が弱くて寝込む時間が多くて、暇で何かを聞き流したいという人には特におすすめですよ。

2018-12-08

iPad Pro 2018年モデルはノートPCの代わりになるか?

2018年11月7日にフルモデルチェンジした2018年モデルのiPad Proが発売されました。

私は、発売日に12.9インチのiPad Pro、256GB、WiFiモデルを購入しました。

同時に新しいApple PencilとSmart Keyboard Folioも購入しました。

ちょうど1ヶ月くらい使ったので、その感想を書きたいと思います。

人によって使い方は違うので、iPad Proがどれだけ役立つかというのは人によって当然違います。

あくまで私の使い方としての感想なので、その点はご了承ください。

また、多くの人が考えているであろうと思われる、iPad ProはノートPCの代わりになるのかという点についても書きます。

まず、私のiPad Proの主な使い方です。

最も多い使用用途は本(電子書籍)を読む事です。

AmazonのKindleも使いますが、それよりも自炊したPDFファイルをAdobeのAcrobat ReaderやGoodNotes4で読むことが多いです。

メインで使うアプリは、Adobe Acrobat Readerです。

iPad ProのAdobe Acrobat Readerは機能がかなり制限されていて、文字をスキャンしたり、しおりを追加・編集したりすることができません。

なので、事前にMacBook Proで文字をスキャンして読み取れるようにして、大まかにしおりを作成しておきます。

自炊したPDFファイルをiPad Proで読むときには、この前処理をしておくと非常に便利です。

文字をスキャンしておくことで、綺麗にアンダーラインやマーカーを引くことができるようになります。

電子書籍の弱点の1つは、パラパラとめくって瞬時に見たいページに飛ぶことができないことです。

しおりを作成しておくことで、この弱点をある程度克服することができます。

しおりを開いてそこをクリックすれば、見たいページをすぐに開くことができるので大変便利です。

このしおりの追加・編集がなぜかiPadのアプリだとできません。これはできるだけ早く改善して欲しいと思います。

本を読みながら、線を引いたり、思いついたことをメモ書きでどんどん書き込んでいけるのがAdobe Acrobat Readerの強みです。

メモ書きを書き込む時にSmart Keyboard Folioが役立ちます。

ソフトウェアキーボードよりも快適に早く入力できるので、どんどん思いついたことをメモできます。

そうやって、線を引いたりメモを書き込んだ本を参考にしながら後で、ブログやサイトの記事を作成していきます。

ブログの場合は、Split View(スプリットビュー)を使って、メモアプリを横に開いて、どんどん記事を書いていきます

メモアプリで書いた内容は、iCloudで同期されますので、後で、MacBook Proでメモアプリを開いて少し編集してから投稿します。

サイトの場合は、Textastic Code Editor 7というエディターを横に開いてHTMLを編集しながら記事を書いていきます

Textastic Code Editor 7はiPadで最高のHTMLエディターだと思います。もし、iPadでサイトを作成したり更新したいと思っている人はおすすめです。

Textastic Code Editor 7は、HTMLファイルの作成・編集ができるだけでなくFTP機能も付いているので、そのままアップロードすることができます。もちろんダウンロードもできます。

私の仕事はブログを書いたり、ウェブサイトを作成・編集したりすることなので、iPad Proでだいたいの仕事はやろうと思えばできます。

ただ、やっぱりMacBook Proで作業する時は、Dreamweaver、Photoshop、Adobe Acrobat Reader、Safariなどのソフトを複数同時に立ち上げて切り替えながら作業できるので、作業効率という点では、圧倒的にMacBook Proの方が上です。

iPad Proは電子書籍を読んだり、単純に記事を書くというだけだと問題なく利用できますし、思いついた時にすぐに開いて作業できるという点ではノートPCより断然優れています。

最近のノートPCは起動時間が早くなったとはいえ、やっぱりすぐに取り出して瞬時に作業ができるiPad Proにはかないません。

結局は使い分けだと思うのですが、私の結論としては、本格的に仕事をするのであれば、iPad ProはまだまだノートPCの代わりにはならないと思います。

1ヶ月くらい新しいiPad Proを使ってみて感じたのは、Face IDが便利というのと、サイズが少し小さくなったというくらいで、結局は前のモデルのiPadと根本的には何も変わってないんですよね。

結局、最終的にはMacBook Proが必要になるし、自炊したPDFを読みながら編集したりするという作業もノートPCを使ってできるので、別に無理にiPad Proを使う必要はないのです。

iPad Proで出来ることは全部ノートPCで出来るけど、ノートPCで出来ることは全部iPad Proで出来ないのです。

そう考えていると、高く売れる今のうちに売ってしまおうかという気持ちがちょっとあります。

ちなみに、私はいくつかのサイトをGoogle App Engineで運用しているのですが、それらのサイトはiPad Proでは更新すらできません。GAEで運用しているサイトを管理するためには、今のところPCが必要なので、その点でもiPad ProはPCの代わりにはなり得ません。

iPad Proの主な使い道がもう1つあります。それは、勉強するのに使うことです。

私は、語学の勉強とか数学の勉強を今でもコツコツしているのですが、デジタル教科書、デジタル問題集、デジタルノートとしてはiPad Proは最高のツールです。

自炊したテキストにしおりを作成しておけば、自由自在にすぐに開きたいページを開けるし、線を引いたり、メモを書いたりして、自分にとって最高のテキストが作れます。

問題集で問題を解く時もApple Pencilで書き込みながら問題を解けます。

そして、これが最大のメリットなのですが、全部解いた後もう一回やり直そうとした時に、簡単に書き込んだ部分を消すことができますので、すぐに何度でも問題を解き直すことができます

問題を解く時には、GoodNotes4を使います。紙とペンを使っているように書き込むことができるし、消す時も消しゴムツールで簡単に消せます。

紙の問題集だと書き込んで問題を解いてしまうと、もう一度やり直そうとする時に、全部消しゴムで消す必要があるのですが、これが結構手間で時間もかかります。

消しゴムで消しても、書き込んだ跡がうっすら残っていたりして、前に解いた痕跡が残っていて、紙の問題集は、何度も問題を解くのには不便なのです。

また、勉強をしていて分からないことがあったら、すぐにSafariを開いて検索できるし、最近ではYouTubeで丁寧に分かりやすく解説してくれている動画もたくさんあります

ということで、iPad Proは勉強をするという点では最強のツールだと思います。

重い本を何冊も持ち歩く必要もないですし、iPad ProとApple Pencilがあれば、それだけで超効率的に勉強できます。

最初は違和感があると思いますが、iPadを使って勉強することに慣れると、紙とペンを使って勉強するというのには戻れなくなります。

仕事の内容がメールをするだけみたいな簡単な作業にしかPCを使わない人であれば、十分にiPad ProはノートPCの代わりになると思いますが、本格的に作業する人にとっては、iPad ProはノートPCの代わりにはになりません。

圧倒的にノートPCの方が作業効率がいいです。

iPad ProをノートPCの代わりとして使って作業しようと思っている人には、iPad Proはおすすめできません

結局は、ノートPCに戻ってきて、iPadは使わなくなると思います。

それより、断然おすすめなのはiPad Proを勉強のための道具として使うことです。

学生や社会人で勉強しているという人や本をたくさん読むという人にはiPad Proは本当におすすめできるアイテムです。

漠然とiPad Proがあれば便利に使えるし生産性のある事ができるようになると思わずに、自分がiPad Proで何をしたいのかをゆっくり考えてみることをおすすめします。

安い買い物ではないですし、後で後悔しないためにもiPad Proの使い道を考えてから買うかどうか決断することをおすすめします。

今回は、私のiPad Proの使用用途で感じた感想を書いたので、何か少しでも参考になれば幸いです。

2018-12-07

PayPayの「100億あげちゃう」キャンペーンは失敗すると思う。

TwitterなんかでPayPayの「100億あげちゃう」キャンペーンが盛り上がってるけど、私の予想では、キャンペーンが終わってキャッシュバックされた残高を消費したら、PayPayは使われなくなると思う

いろいろと理由は考えられるけど、まず、使える店舗が少なすぎる

ファミリーマートとビックカメラが使えるのが救いだけど、それ以外のコンビニや家電量販店で使えないというのはやっぱり不便。(2018年12月7日時点)

普段は、Apple PayでQuicPay(クイックペイ)とSuica(スイカ)を使いまくっているけど、だいたいどこの店に行っても両方使える。

それと比較するとまだまだPayPayは話にならないレベル。

QRコードっていうのもいまいちな感じがする。

QuicPay(クイックペイ)とSuica(スイカ)で非接触型のFeliCa(フェリカ)に慣れているから、いちいちアプリを起動してQRコードを表示させて決済というのはめんどくさい。

FeliCa(フェリカ)が搭載されていないスマホでも使えるというのが強みなんだろうけど、一度FeliCa(フェリカ)の快適さに慣れてしまうと、QRコードというのは煩わしい

使っているスマホはiPhone XS Maxだけど、QuicPayだとサイドボタンを2回押して、FaceIDで認証してかざして終わり。

Suicaだとそのままかざして終わり。

特にSuicaの快適さに慣れるとQRコードっていうのは、どう考えても使う気になれない。

PayPayで唯一お得だと感じる点は、月の上限が5,000円だけど0.5%の還元があること

ただ、これもクイックペイに登録しているクレジットカードで還元率0.5%なんていくらでもあるし、スイカのチャージで0.5%のポイントが付与されるクレジットカードもあるので、特に大きなメリットにはならないと思う。

おそらくソフトバンクとヤフーは、PayPayを中国でのアリババのアリペイのようなものにしたかったんだろうけど、気持ちだけが先行しすぎてて、サービスが全然付いてきてない状態だと思う。

Yahoo IDとかソフトバンクのケータイ番号とかと紐づけられて、完全に行動を把握されることになるのに嫌悪感を示す人も多いだろう。

100億円なんて大金をばら撒いたけど、得られるものは小さくて、おそらく数年後に静かにサービスを終了しているんじゃないかと心配になる。