2013-02-19

2日目。むら咲むら見学。

去年、日航アリビラに宿泊した時に、近くにむら咲むらってのがあったので行きました。

むら咲むらでは、沖縄剛柔流の空手、シーサー作り、紅型作りなどのいろいろな体験ができます。

かなり前にNHKの大河ドラマでやってた琉球の風のロケで使われていた場所の跡地らしいです。大河ドラマの撮影で使われていただけあって、かなりリアルに琉球王朝が栄えていたころの町並みが再現されています。

そこで、自分たちでデザインしたTシャツを作ったり、シーサーを作ったりしてすごく良い思い出になって、子供も大喜びでした。

ということで、今年も行ってきました。

駐車場に車を止めて、園内に入場するにはお土産屋さんを必ず通らなければならないようになっています。なかなか商売っ気があってよろしい。シーサーのぬいぐるみなんかが置いてあって、つい買ってしまいそうになりました。

シーサーのぬいぐるみ。むら咲むらの土産物屋さん。

入り口はこんな感じ。赤色が使われているのが琉球王朝の特徴。

むら咲むらの入り口

中は石垣の通路が続いていて、本格的に琉球の世界を感じることができます。

むら咲むらの内部は石垣の通路がある。

至所にいろんなシーサーが置いてあって楽しめる。見た事もないユニークなシーサーがいっぱい。

むら咲むらにはいろんなデザインのユニークなシーサーがいっぱい。

子供二人と手をつないで歩いたり、2月だけどかき氷を食べたり、ピンクとか白とか色とりどりのハイビスカスを見て触ったり。沖縄の雰囲気を満喫。子供が喜ぶので家族旅行にむら咲むらは本当におすすめ。

むら咲むらの中を子供と手をつないで散策

2月だけど沖縄は暖かくてかき氷をおいしく味わえる。

赤いハイビスカスの花

子供がすごく楽しみにしてたシーサーの色付け体験をやりました。たくさん出来上がったシーサーが置いてあって、どれか1つを見本にして色を塗って行きます。

次男の大好きなアンパンマンのシーサーがあったので、アンパンマンシーサーに挑戦する事にしました。

見本のアンパンマンのシーサー

色を塗り重ねて作ります。最初は簡単なんだけど、細かい部分になってくるとかなり難しい。近くでみるとガタガタでいまいちだけど、遠目でみるとアンパンマンっぽいシーサーが出来上がりました。右は子供が作ったシーサー。ロボットだそうです。

シーサーの色付け体験の完成

2013年バージョンのオリジナルTシャツも作って、ちょっとお金はかかるけど楽しめました。

去年は、徳川家康の遺訓を我が家の家訓にしようということで、徳川家康公遺訓をデザインしてオリジナルTシャツを作りました。

今年の我が家のテーマは「継続は、力。」です。これをメインにしていろいろみんなで書いたもので作成しました。

むら咲むらでは半日くらい楽しめました。その後昼食兼夕食をアラモアというレストランでいただきました。

【2013年2月沖縄旅行】記事一覧

  1. 連休中の突然の沖縄旅行。アメックスのプラチナコンシェルジュが超便利。
  2. スカイマークの安全性とサービスの質
  3. 1泊目。那覇空港近くのリーガロイヤルグラン沖縄に宿泊。
  4. 2日目。むら咲むら見学。
  5. ANAインターコンチネンタル万座近くのアラモアで夕食
  6. 二日目。ANAインターコンチネンタル万座に宿泊。
  7. 3日目。ブセナセラスのグラス底ボートに乗る。
  8. 4日目。ブセナテラスのラティーダで朝食
  9. 沖縄旅行記4日目。美ら海水族館の感想。
  10. 沖縄旅行4日目。ブセナテラスの和食レストラン真南風(まはえ)で寿司を食す
  11. 5日目。首里城の観光。
  12. 国際通り、鉄板焼きステーキレストラン「碧」(へき)で昼食

0 件のコメント:

コメントを投稿