2012-07-23

Mac OS Xでフルサイズ画面を解除する方法

iPhoneアプリの開発のためにXcodeを触っていたら、何か拍子にオーガナイザーの画面をフルスクリーンにしちゃいました。

元に戻す方法が分からないので、とりあえずXcodeを強制終了して、再度立ち上げたけど、またフル画面になってしまう。

戻し方が真剣に分からなくて、マジで困ってたので調べてみると、マウスカーソルを画面の最上部に持って行って、1〜2秒静止させてやると、メニューとかフル画面の解除ボタンが上から出現しました。

知ってると何の問題もないし便利なんだけど、知らないと画面の上部で1〜2秒静止するなんてことをしないから、気付きません。

とりあえず、解決したし、これからも何度かは遭遇しそうなトラブルなので、今の段階で知っておいて良かった。

2012-07-21

[Xcode] Returnをタップした時にキーボードを消す処理

Text Fieldなんかを縦にたくさん並べた場合、キーボードが出てきて、画面の下の方が隠れてしまうことがあります。

そんな時、入力後にリターンをクリックすることで、キーボードを消す処理が必要になります。

1、〜.mファイルのviewDidLoadに以下のような行を追加する。

テキストフィールドのアウトレット名.delegate = self;

- (void)viewDidLoad {
    [super viewDidLoad];
    // Processing clear the keyboard when the tap of the Return.
    requestMoney.delegate = self;
}

requestMoneyというのは、テキストフィールドのアウトレット名です。

2、〜.hファイルに<UITextFieldDelegate>を追加する。

@interface ~Controler : UIViewController <UITextFieldDelegate>

3、最後に、〜.mファイルに以下のメソッドを追加。

- (BOOL)textFieldShouldReturn:(UITextField *)textField {
    [textField resignFirstResponder];
    return YES;
}

これで、Returnキーをタップした時にキーボードが消せます。

キーボードが隠れないように、上にスクロールできる処理をするという方法もあるみたいですけど、こっちの方が簡単だったので、とりあえずこっちの方法で処理。

とにかく、今は、そこそこ動くアプリをたくさん作ってリリースすることが目的。その後に、ちょっとずつ掘り下げて行こうと思う。

2012-07-05

Only tempfile.TemporaryFile is available for use

Google App EngineでDjangoを使っていると以下のエラーが出た。

Only tempfile.TemporaryFile is available for use

画像をアップロードする時に出たんだけど、何のことかよくわからなかった。

検索しても日本語情報がほとんど出てこなかったので、仕方なしに頑張って英語のサイトを読んだ。

分かったことは、おそらく画像のサイズがオーバーしているということ。

settings.pyに以下の2行を追加するとうまく行った。


FILE_UPLOAD_HANDLERS = ('django.core.files.uploadhandler.MemoryFileUploadHandler',) 
FILE_UPLOAD_MAX_MEMORY_SIZE = 3145728 # 3MBまでOK

Google App Engineは料金体系も変わったし、データストアとかいろいろめんどくさい事が多いけど、無視できない存在なので、少しは関わっていかないといけないと思う。

最近、独自ドメインでSSL通信に対応したことも、かなり大きな魅力だと思う。

Google App Engineを極めると、何か仕事を受注できるかもしれないし。

Google App EngineでDjangoを使っていて、画像をアップロードする機能を付けている人は、必ず上記の2行を追加しておきましょう。

僕も、自分で何度もテストしている時は気付かなかったんだけど、別の人にやってもらって気付きました。

ちなみに、iPhoneで撮影した画像は2.7MBとかあることが多いので、3MBの設定にしてみました。

最初は、2.5MBまでにしてたけど、iPhoneで撮影した画像の中に時々エラーが出るのがあったので、3MBが無難かと。

アップロードした後、小さくリサイズして保存して、容量を節約することも大事。